ホーム > コラム > DM発送をする際は圧着ハガキの利用を考える

DM発送をする際は圧着ハガキの利用を考える

 DM発送をする際はより効果が出やすい方法を考える必要があります。
 中でも効果を期待する事ができるのは圧着ハガキになります。どんな物か分からないとメリットを考える事もできなくなってしまいます。
 より効果が高いと言われている理由は、お客さんの手元に届いた段階で中身が見えないと言う部分になります。
 初めから中身が分かっていると、興味がない物が届いた場合は、中を確認する事無く処分をされてしまう事になります。
 しかし中身が見えない状態であれば、どんな内容か気になると言う部分もあり、必ず中を確認する事が多いです。
 つまり興味が無い場合でも一度は目を通してもらう事ができます。全くを目を通されないままだと少しの効果も期待をする事ができませんが、少しでも見てもらう事によって、効果を期待する事ができるようになります。
 そのため非常に効果があると言われています。


 なぜ中身が見えないかと言いますと、二つ折りになっているからになります。公共料金の請求書でも使われる事がありますが、金額が外からでは見えないようになっている場合があります。 それが圧着ハガキになります。より効果が高いのであればDM発送をする際により高い金額がかかってしまうのではないかと考えてしまう場合もあります。
 しかしその心配をする必要もありません。通常のハガキのサイズと同じになるので、費用が高くなってしまうと言う事はありません。
 印刷まで依頼をする場合は、印刷をしなくてはならない面が増えてしまう事になるので、少しだけ価格が高くなってしまうケースもありますが、支払いをする事ができないほど高くなってしまう事はありません。
 どうしても料金が気になると言う方は、業者の方に確認をする事を忘れないようにしましょう。


 いくら効果が高いと言われていても、どれくらい効果が高くなるのか知らなければ利用をしたいとは考えにくくなってしまいます。
 効果は約1.5倍になると考えておくと良いでしょう。場所によっては2倍3倍と効果が高くなる場合もありますが、1.5倍程度と考えておくと満足する事ができるようになります。
 あまり料金が変わらないのにも関わらずこれだけ効果が高くなるのであれば、圧着ハガキを使ってDM発送をしてみたいと考える方も多くなります。
 また自分でどれだけの効果が高くなったのか検証をしたい方は、クーポン券や割引券をつけてみると良いでしょう。
 店にクーポン券や割引券を持ってきてくれた方は、DMを見て来てくれたお客さんだと分かります。検証をする事によって次回以降も行ってみようか考える事ができます。

次の記事へ